としまファザーズ・ネットワーク ブログ

管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、予告したイベント「親子で体験!護身術教室」が
豊島区立清和小学校で2月18日(土)に開催されました。

多くの子供たち、保護者、先生、地域の方などに参加いただき、
参加者は40名近くになりました。

まずは子供たち向けに、「すわりこんで、あとずさり」の術。

マットの上であとずさり

実際これやられると、腕をつかんで思いっきりひっぱっても、
ビクともしません。

つづいて「ケガをしない転び方」。
より正確にいうと「<致命的な>ケガをしない転び方」ですね。
とにかく、頭を守る。
そのためには、頭を手でかかえる。
頭を起こしておなかのほうをみる。
おしり着いた後は足をのばす。

ケガをしない転び方

いわゆる「受け身」はきちんと練習しないとできるようにならないし、
コンクリートの上で受け身ができるかというとなかなかできない。
その点、「とにかく頭を守る」ことを重視したこの転び方であれば、
頭を打ってしまうような致命的なケガはさけられると思います。

続いては大人向け。
大切な人と歩いていて、反対側からおかしな人が歩いてきたら?

ちなみにこのシーンで背をむけているのが「おかしな人」で、
手には凶器を握っている設定です。

白いズボンをはいている先生は、大切な人(マスクをかけている人)を
どのように守ればよいでしょう?

大切な人を守るには

この場合は、守りたい人を思いっきり突き飛ばすようにして、
あぶない人の進行方向に自分の身を挺して立ちふさがるようにします。

ポイントは、守りたい人を確実に突き飛ばす。
そしてあぶない人が守りたい人の方向に進路を変えないように、
自分でその攻撃を受け止めることです。

ちなみにSPの基本的な動作でもあるそうです。

そして再び子供向け。
万が一、押し倒されたりした場合はどうすればよいか。

寝っころがった時に攻撃をさける

手や頭をつかまれそうになったら、とにかく払いのける。
足がつかえそうな場合は、足をのばして相手の体を近づけない。
声を出したりしながら、そうやって1分でもしのげば、
だいぶ相手の気勢をそぐことができるとのこと。

先生はブラジルに修行に行かれた際などに、治安のよくない地域で
すごされた経験から教えていただいたこれらのことはものすごく
説得力があり、かつ実践的な内容でした。

そもそも危険な目にあいそうなときは、「逃げるが一番」。
あぶなそうな人とは目を合わせない。
目をあわせずに、人とぶつからないように歩く。
というようなポイントは「護身術」というよりは、
「危険な目にあわないための行動原則」みたいな話でしたが、
うなずいて聞いていた大人の方も多くいらっしゃいました。

この場を借りて、ご協力いただいた阿部先生、関係者の方、
ご参加いただいた子供たち、保護者、先生、地域の方々、
今回のイベント開催に協力いただいた豊島区に感謝です。

担当:尾上
スポンサーサイト
「親子で体験!護身術教室」が、
 2月18日(土)10:00~11:30
 豊島区立清和小学校 体育館にて、開催されます。

 私は同小学校で親父の会「AZAMI」の世話人(の一人)をつとめています。
PTAと豊島区 学習・スポーツ課と共催で家庭教育講座として開催します。

 今回のイベントでは、日常生活に潜んでいる危機に対応するための体の使い方や
転び方、イザという時に子どもを守る方法を学びます。

「親子で体験!護身術教室」[開催概要]
実施日  :平成24年2月18日(土曜日) 
実施時間 :午前10時00分~午前11時30分(受付:午前9時50分)
会場   :豊島区立清和小学校 体育館  東京都豊島区巣鴨3-14-1
講師   :ノヴァウニオンジャパン(ブラジリアン柔術)代表 阿部 修氏
対象   :小学生以下の親子(小学生・大人のみの参加も可)
定員   :先着50名
参加費  :無料
持ち物  :上履き(室内履き)・動きやすい服装
申込み方法:豊島区 学習・スポーツ課 生涯学習グループへ
         2月8日(水)までに電話、ファクス、Eメール で、
         講座名・氏名(親子)・電話番号を添えて申し込んでください。

申込み先電話番号:03-3981-1189
申込み先ファクス:03-3981-1577
申込み先Eメール:A0014606@city.toshima.lg.jp

ここから先は、「ネタバレ」ありですので、ご注意ください!

 今回のイベントは、柔術の先生が教えてくださるのですが、「護身術」
とは言っても、技を学んだりするというよりも、実際に遭遇しそうな危険を想定して、

「危険な目にあいそうなときにどうしたらいいか」
「そもそも危険な目にあわないようにするためには、
 どのようなことを心がけたらよいか」

というような考え方から教えていただきます。

「転び方」も、「受け身」などを習ったりすることもありますが、簡単に誰でもできる
ことではありません。そして、それが実践的かといわれるとあまりそうではありません。
アスファルトの上で「受け身」をやってもかなりうまくやらないとダメージは大きそうです。
ですが、考え方を少し変えて致命的なダメージを負わないようにするために、

「両手を頭の後ろで組んで、とにかく頭を守って転がる」ようにします。
これって、小っちゃい子供でも上手に出来るんですよ!


と、だいぶんエッセンスを書いてしまいましたが、お時間のある方はぜひ一度、
体験してみてください!

(尾上)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。