としまファザーズ・ネットワーク ブログ

管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の福島県相馬市への訪問は、ちょうど震災100日目でした。
改めて、被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、今後の復興をお祈り申し上げます。

今回は、としまファザーズ・ネットワーク、NEXTAだけでなく、超強力助っ人の四季の企画社の皆さんが参加して下さいました。
私は、金曜日夜11時過ぎに職人さんの車に乗って大塚から出発しました。
職人さんは、「今回は、福島だから良かったですよ。突然、岡山とかの現場もありますから」と軽く言ってました。結局、途中休憩を挟みながら、寝ないで運転して、相馬中村神社に、4時頃にあっという間に到着しました。
少し仮眠をしてからあたりを見回すと、ユンボを含めたくさんの道具が積み込まれた別便のトラックも既に到着していました。
P1030166.jpg

おっと、鹿児島の現場から親方も登場!
職人さんは、現場での技術力だけじゃなく、長距離運転能力も必要なことを知りました。本当に恐るべしです。

さあ、私も父の日のプレゼントとしてもらった新品長靴に履き替えて作業準備オッケーです。長靴は、これからグリグリの畑作業でも重宝しそうです。
IMG_0328.jpg

馬小屋建築予定地は、元々は、こんな場所でした。
IMG_0184.jpg
現地へ行ってみたら、現地の皆さんの頑張りのおかげで、単管はほぼ組み上がって、屋根付けの準備作業に入っていました。
P1030173.jpg
模型は、健在です。
P1030179.jpg

さて、本日の作業ですが、馬小屋本体は、現地の方が中心となってチームワーク良く作業をしていただき、我々は親方を中心に、土留めをすべく、馬小屋左手のスロープの場所をやることになりました。まずは、草刈からです。
P1030183.jpg
P1030186.jpg

そして、スロープにするために、土を斜めにしていきます。ユンボは斜面もへっちゃらですね。
P1030190.jpg
ユンボはたくさんレバーがあって、色んな動作ができます。まるで手足のように扱う親方は、スゴイ。(そう言えば、親方は、TVチャンピオンにも出たことがあるそうです。)

我々もユンボにも、のってみました。
IMG_0335.jpgIMG_0337.jpg

今回作っているのはスロープなので、少しづつ傾斜をつけて、丸太を並べ始めました。丸太はチェーンソーを使用して切断していきました。私は二日間で20~30本も丸太を運んだのは初めてです。手の指を組んで運ぶ工夫を教わったことで、思ったよりも筋肉痛はありませんでした。
P1030195.jpg

馬の鳴き声が聞こえてくる中での作業は、非日常的で楽しいです。 少しは馬の気持ちが分かるようになるかな?

休憩時間には、毎度のことながら、はらがま朝市へ挨拶しに行ってきました。
こちらは、慰霊祭が行われる準備のようです。
IMG_2423.jpg

さあ、本日の午後の作業も大詰めです。
IMG_2437.jpg

野馬追いを追っかけている取材の方も来てました。馬小屋に関するインタビューも受けました。使われるのかな・・・?
IMG_2440.jpg

休憩時間にグランドへ歩いて行ったら、野馬追の練習中でした。やっぱり今年も開催されることを確証しました。かっこいいので、私も馬に乗ってみたい。。。
IMG_0340.jpg

あっという間に雰囲気が変わって出来てきました。とりあえず、本日の作業はこれにて終了です。
IMG_0343.jpg
IMG_0344.jpg
IMG_0346.jpg

現地の方はもう少し作業をされるようでした。「お先に失礼します!」
IMG_2445.jpg

最後に社務所で、東京より預かってきた子ども用の馬具を預けました。
IMG_0350.jpg

宿泊場所である相馬ポニー牧場へ向かう前に、相馬ボランティアセンターに寄って、今回一緒に作業に参加している職人さんが震災直後にお手伝いに来た時にお世話になった方とお会いしました。私も名刺交換させていただいたら、私が災害派遣等従事車輌証明書の件で、電話で相談させて頂いた担当者の方でした。相馬市では、仮設住宅は全て完成し、避難所はクローズしたようです。今後は、仮設住宅をまわってニーズを確認しつつ、ボランティアセンターも復興支援センターとして支援していくとの話でした。今回のフォーメーション(としまファザーズ・ネットワーク&NEXTA&&四季の企画社)の話をしたら、気にいっていただけた様子です。仮設住宅地域における憩いの場や子ども達の遊び場のニーズがあった場合には、情報を提供していただき、何かご支援をさせていただけるように会話しました。

その後、コンビニで夕食を調達し、宿泊させていただく相馬ポニー牧場へ向かいました。お風呂に入った後に、みなさんのお食事にお誘いいただき、懇談させていただきました。
IMG_2449.jpg

相馬ポニー牧場の原田さん、世界旅行中でペルーから被災地南相馬へ駆けつけたサラブレッド獣医の前田さん夫婦、小さい頃に牧場へ遊びに来て今回ボランティアとして訪問していたカップル、に囲まれ、震災直後のお話等々、色々なお話をお伺いし、楽しい時間を過ごすことができました。
本当に不思議な出会いに感謝です。

みなさんから元気をいただいて、さあ、明日も頑張ろう!

(鮫島)
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://toshimafnet.blog.fc2.com/tb.php/18-cfc9c8d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。